敏感肌は美白効果を感じにくい!その原因と対策5つ

敏感肌の方は、普通肌の方に比べると美白効果を感じにくいということをご存知でしょうか。

敏感肌でも美白になりたい、と美白ケアを頑張っていても、なかなか美白効果を実感できないケースが多いようです。きちんとケアを「しているつもり」なのに…

原因は、スキンケアのやり方が正しくないから。

今回は、敏感肌が美白効果を感じにくい原因と、敏感肌のための美白ケア対策をご紹介いたします。

 

敏感肌はなぜ美白効果を感じにくいの?

敏感肌が美白効果を感じにくいのは、お肌のバリア機能が低下していることが大きな原因といえます。

お肌のバリア機能が低下していると、水分が蒸発して乾燥しやすく、ちょっとした刺激でも、敏感肌ではそれが原因でかぶれる、炎症をおこす、活性酸素が発生するなど、シミができやすくなります。

つまり、普通に美白ケアを行っていても、シミやくしみになるスピードが美白ケアの効果を上回ってしまい、効果を実感しにくいということですね。

また、効果はあっても、刺激が強めな美白化粧品などを無理やり使うことで、かえって肌荒れやシミ、くすみが増えることもあります。

敏感肌の美白ケアは、まず「敏感肌」をケアし、それにプラスして美白ケアを行うことが大切です。

 

敏感肌が美白効果を得るための対策とは

ここでは、敏感肌でも美白効果を得るためのスキンケア対策を5つご紹介いたします。

1.セラミドのケアをしっかりと行う

セラミドとは、お肌の「角質層」と呼ばれるバリア層にある成分で、細胞と細胞をくっつけたり、水分が外に出て行かないように働いたりしています。

敏感肌の方の多くは、この「セラミド」が不足していたり、密度にばらつきがあったりということが多いため、セラミドをケアできる化粧品を選択し、使うことでバリア機能を補うことができます。

2.保湿力の高い美白化粧品を選ぶ

バリア機能をしっかり補うことができても、肝心のお肌の水分量が不足していると肌荒れや炎症が起こりやすくなります。

また、お肌が潤ってハリがあると肌がワントーン上がって見えますので、美白化粧品は保湿力の高い物を選ぶのがおすすめです。

3.低刺激で、使用時にピリピリしないものを使う

美白化粧品の中には、効果は抜群でもお肌への刺激が強い成分もあります。

使用時に肌への刺激を感じても、「効果があるのだから」と我慢して使っていると、結局、肌に合わずにかぶれやシミが増えてしまうこともあります。

美白化粧品の中には、敏感肌向けのものもあるので、そういったカテゴリから試してお肌に合うものを選んで使いましょう。

4.紫外線対策を徹底する

お肌のバリア機能が低下していると、紫外線の影響で炎症が起こってしまい、普通肌よりもシミやくすみができやすくなります。

低刺激な日焼け止めや、帽子、カーディガンなどで素肌を紫外線から守り、シミの原因を減らすように心がけることが、敏感肌だけではなく美白対策の基本です。

5.スキンケア時の摩擦を減らす

敏感肌の方が意外とやってしまうのが、乾燥やお肌のバリア機能の低下を恐れるあまり、スキンケアを「しつこくやり過ぎてしまう」ことです。

丁寧にじっくりスキンケアするのは良いのですが、その際にお肌に化粧品を擦りこむように塗ってしまう、何度もそれをくりかえす、という摩擦がお肌を傷つけてしまいます。

化粧品をお肌につける時は、手のひらにとり、顔の表面にサッと伸ばした後は、手のひらでお肌を力を入れずにプレスし、化粧品を押しつけるように優しく浸透させるのがコツです。

 

敏感肌の美白ケアにNGな行動とは?

美白効果が実感しやすくなる対策を実践していても、うっかり「NG」なスキンケアや行動を繰り返していては、努力が無駄になってしまいますよね。

ここでは、日常生活やスキンケアの中で先にご紹介したこと以外で注意したいことを3つご紹介いたします。

1.「ふき取りタイプ」の化粧落としを使う

敏感肌のスキンケアには摩擦が厳禁、とお伝えいたしましたが、簡単に化粧が落とせるからと、「ふき取りタイプ」の化粧落としを使うことも、できるだけ控えたいポイントです。

ふき取りタイプは、コットンに化粧落としがしみ込ませてあるものが多く、使うたびに繊維でお肌を「摩擦」してしまいます。

旅行でどうしようもない場合や、きちんと洗面所が使えない環境下では仕方ないかもしれませんが、極力使わないようにしましょう。

2. 生活習慣の乱れ

睡眠不足や、いつも寝る時間がバラバラで生活リズムが安定していないという方は、代謝が落ちてしまうことがあります。

代謝がおちてしまうと、お肌のターンオーバー(古い角質が剥がれ落ち、新しく生まれ変わること)も滞りがち。お肌本来のバリア機能も不安定になりやすいので、しっかりと睡眠をとり、生活リズムを整えましょう。

3.偏った食生活

スキンケアをしっかりとして生活習慣も改めても、体の原料となる栄養が不足していては、カサカサ、ボロボロのお肌になってしまいます。

栄養不足は肌状態だけではなく、体調も悪くなる原因になります。美白を目指す方は、バランスの良い食生活を心がけ、体の内側から健康なお肌を作るのが大切です。

 

まとめ

敏感肌はシミやくすみができやすく、美白化粧品の効果を実感しにくいという特徴があります。

敏感肌でも「お肌のバリア機能を補う」、「お肌を優しく保護する」という基本ができていれば、美白効果も得やすくなります。

まずは、敏感肌のケアを徹底した上で、美白ケアを実行してみてくださいね。

 

サンスター ホワイトロジーの口コミTOP

 

 

美白

Posted by atta